HOMEお知らせ凌雲閣ブログ空室情報施設のご案内季節ごとのお料理交通のご案内
料金のご案内とご予約日本秘湯を守る会松之山温泉と鏡ヶ池伝説趣のある部屋鏡の湯
 四季折々の自然の中で白樺の優しい白さと爽やかさに、自然の情景を感じていただける落ち着いたお部屋でございます。

「おかえりなさいませ」と白樺(白樺に見立てた和紙の壁)がお出迎えいたします。

ベランダにも白樺をみたてました。 お部屋の鬱金色(うこん)の壁は身体にも良く、旅の疲れをほぐしてくれることでしょう。

おさえられた色味に自然の中に身をおくような落ち着きを、懐かしい風合いと彩りに昭和のノスタルジーを、お感じくださいませ。
入口の和紙の壁
床の間
応接間の天井
応接間の壁(和紙)
次の間の飾り窓
廊下側から見た飾り窓
廊下側の欄間の組子
家具
欄間
自得俳句額
雑草に  自得
いても
蛙は
飛ぶ姿勢


*自得=松野自得(一八九〇〜一九七五)、群馬県前橋市生まれ。
前橋市最善寺住職。俳人画家。俳誌「さいかち」主宰