HOMEお知らせ凌雲閣ブログ空室情報施設のご案内季節ごとのお料理交通のご案内
料金のご案内とご予約日本秘湯を守る会松之山温泉と鏡ヶ池伝説趣のある部屋鏡の湯
 秋にはいろいろな八千草の咲き揃うのが楽しみの一つでございます。 旅館の裏山に咲く千草のように秋の香りのするお部屋でございます。

「おかえりなさいませ」と梔子(くちなし)のお部屋が、お迎えいたします。
”梔子に秘めた想いをこめた古の乙女の恋の色”をひととき偲んで旅の思い出に・・・。 千歳緑(ちとせみどり)の床の間は常に変わらない木々の緑のようにお目出度い色とされております。 ほんのり甘い想いにいやされて、穏やかなやすらぎのひとときをお過ごしくださいませ。
次の間の天井
次の間の襖
次の間の飾り窓
踏み込み
応接間の天井
廊下側から見た飾り窓
欄間
次の間の欄間
応接間
保坂玉泉書軸
鳥飛如鳥 魚行似魚
  駒沢大学総長 文学博士 保坂玉泉七十一翁 [印][印]

(読み下し)
鳥は飛ぶ鳥の如し 魚は行く魚の似(ごと)
  駒沢大学総長 文学博士 保坂玉泉七十一翁 [印][印]

*保坂玉泉(ほさか ぎょくせん)=浦田の人